読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんて日だ。

本日の用意されてた3段階。

その1

指名される予約客が、ぎっくり腰というので

自分の予約枠が入れないから、店長を勧めたら

よく聞き取れない恫喝を受け、次の日を予約される。

ぎっくり腰のお客さんは、ひとまず現状況を

緩和して欲しいことが多く、お客さんの仕事に支障が出ぬよう

店長を勧めたのに、コチラが叱責される。

解せぬ。

元々、風貌はチンピラで、悪態つく人ではあるが

仕事は、カタギである。

コチラが、良かれと思い言うた言葉を

『うるさい』 と返されると、顔が、こわばる。

その2

1週前に、予約されたお客さんが、見事に予定時間に来ず。

すっぽかし。

連絡先は知っているものの、緊急な別件の可能性もあるので

電話するのも、はばかられる。

その3

内臓疾患を多々抱えているお客さんに

予約確認をするも

『ん〜、分からない』

的な返答を受け、その方の孫が電話の邪魔をして切れる。

んん。

決まった曜日に来店され、予約取れなければ体調悪化。

人工透析だけでは、顔が土気色になっているのに

食事制限もせず、ワガママ放題やっているのに

ワタシの予約が取れないときは、ものすごく文句を言われる。

なのに、この仕打ち。

こう重なると、怒りしかなく

抑えるにも、沸々と煮え

店の対応ではなく、個人としてお客さんに

失礼ない応対をしているのに、こういう仕打ちを受けると

自分が、人間種別と違う枠の収められてるから

こういうことを見せ付けられるのか、と感じてしまう。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

余談

先程、携帯を見れば、『その2』のお客さんから着信が入ってた。

時間が遅いので、連絡は別途するものの

『あっは〜、忘れてたw』

だったら、失礼ではなく、無礼だわなぁ。