読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒッチハイクの旅 to青森 1日目 〜東北を目指して〜

4月29日(土)

前日は残業があり、

帰ったのは24時過ぎ。

やや睡眠不足の中、

10時半ごろ西宮インター入口へ到着し、

ヒッチハイクを開始した。

去年もここからのスタート、

その時は2時間ほどかかった。

50分くらい経ち、

多少、不安も出てくる頃、

まず1台目の車が止まってくれた。

助手席のウインドウが下がり、

「いいよ」

と迎えられた。

大津へ行く車だった。

”次のSAまで”とスケッチブックに書いていたので、

「吹田まで?」と聞かれ、

「いや、、どこまで行きますか?」

「大津」

「大津ですか、できれば行ける所までお願いします。」

ヨット関係の仕事をしている自営業の男性だった。

仕事の話から派生して会話が進んだ。

「人っていうのは損得で考えるからなぁ。」

「損得ですか?」

「うん、安く買いたいとか、利益を出したいとか、

自分が得することを考える。

けど、

仏さんは誠か嘘か、ってよく言われるんやけど。」

「誠か嘘か、、」

「そう、ちゃんとやってるかどうかの世界。

ちょっと割りに合わないなぁ、とか利益が出ないなぁって時でも、

損やからってやらないんじゃなくて、

ちゃんと自分のやることやってたら、

それは後で返ってきたりするから。

お金は追っかけたら、逃げていくよ。」

損得じゃなくて、誠か嘘か。

深いなぁ。

これが今回の旅の一つテーマとなっていた気がする。

「ヨットで海に出て、自分の住む街を見た時、グレーだと思った。

コンクリートの色で染まり、スモッグが立ちこめているのを見て、

あんなとこに住んでたんか、帰りたくないなぁって。

視点が変わったら、見方が180度変わることもあると、

その時に思ったわ。」

そんな話を聞いているうちに、

大津SAに着いた。

<1台目:西宮→大津 推定距離 63[km]>

大津SAでヒッチハイク再開。

若いイケメン風の男性が止まった。

友達を京都に送った帰りで、

1人だと眠くなるので、乗せてくれたみたい。

静岡へ行くという事だった。

当初は、北陸の方から仙台を目指そうかと思っていたけど、

東北観光がメインでそこまではどうでもよかったので、

距離を稼げるならと静岡方面へ行くことにした。

25才で車の整備士を教えてる仕事をしているらしい。

ヒッチハイクを一度した事があると言っていた。

「全然車止まらないですよね、

通り過ぎる度に死ねって思ってましたよ(笑)

で、トラックに乗せてもらったんですけど、

その人が暑苦しいというか、うっとうしかったんで、

もういいわと思って、

途中で、高速バスの乗り場で降ろしてもらって帰りました(笑)」

俺は止まらんのが普通やと思ってるから何も思わんけど、

あんまり期待すると、なんで止まらんねんって腹立つかもな。

死ねって気軽に言う子っぽかったけど、

言葉ほどの悪気はないのかもな。

うなぎパイをもらった。

<2台目:大津→静岡 推定距離 297[km]>

3台目は中年男性だった。

川崎へ行くと言っていた。

東京周辺はヒッチハイクしにくいので、

どうしようかと思いつつ途中まで乗せてもらうことにした。

宝塚から来たと言っていた。

「僕も宝塚住んでました。安倉ってとこです。」

「えっ、安倉。俺、安倉小の近くに住んでるけど」

「えっ、僕そこ通ってましたよ、安倉小、中と。

但馬銀行分かります?」

「あぁ、分かる」

「その向かいのマンションに住んでました。」

「あ、そうなの」

すごい偶然だな。

静岡で会った人とこんなローカルトークをすることになるとは。

さらに、話をしていると、

川崎で弟と合流した後、実家の青森へ向かうという。

都合の良いところまで乗せてくれることになった。

マジか!?

ゴールデンウイークに、

宝塚から実家の青森まで往復3000km走るらしい。

川崎からは弟と交代に運転するらしいけど、

それにしてもすごい距離だな。

「運転好きなんですか?」

「嫌いかな。」

「えっ(笑)」

「まぁ、それがいいのかもな」

川崎駅前で降ろしてもらい、

何時に出発するか、連絡を待つことになった。

中華の店で夕食を食べ、

店を出ると電話がかかってきた。

「夜走ろうと思うんで、22時集合でいいですか?」

「はい」

「じゃあ、川崎駅前の降ろしたとこで」

2時間ほど、

多摩川でぼーっと暇つぶしをした。

22時に川崎駅前に集合。

さきほどの男性が弟と2人でやってきた。

弟さんはそんなに愛想がよくなかった。

とくに悪いわけでもないけど、

お兄さんが話を振っても、

うんとか、すんとか、言うくらいで、

つれない感じだった。

それもあってか、

そんなに会話は多くなかった。

夜だから眠いというのもあり、

ウトウトしながら乗っていた。

「寝てていいよ」

と言われ、

そこからはほとんど寝ていた。

途中、SAで休憩した時に牛タンジャーキーをもらった。

福島県宮城県の間にある国見SAまで送ってもらった。

夜中の2時に到着。

そして、人があまり来ない所でテントを張った。

<3台目:静岡→川崎  推定距離 175[km]

     川崎→国見SA 推定距離 328[km]

合計 503[km] >

予定では、

2日目で新潟くらいだと思っていたので、

仙台は3,4日目で着くつもりだった。

それが、1日でほぼ着いてしまった。

東北をぐるっと回りたかったので、

かなりスケジュールに余裕ができた。