読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死んだことを責める人間は悪いのか

このニュース同様、周りを多く巻き込むような電車飛び込みのニュースとかでは[こんな死に方迷惑]ってつぶやきが沢山出る。そこに[迷惑って言うような奴がいる社会だから死にたくなる]ってのが対立する。

確かに、悩みに悩んで自殺した人にまず[迷惑だわ]って発言が出るのは非常に、人格的に冷たい発言かもしれない。

だが実際、巻き込まれた人にとってみたら迷惑なことに間違いない。

列車飛び込みの場合間違いなく列車は止まる。

その列車が予定時刻につけば大切な人の死に目にあえたのに、遅れたために会えなかった人もいるかもしれない。

大切な約束を遅刻によって破り、それがその人の人生に大きな影響を及ぼしたかもしれない。

死体が目の前に飛んできたのを見てトラウマになるかもしれない(轢いた運転手は間違いなくトラウマになると思う)。

今回の爆死は、同じ建物に住んでいる人にまず多大な影響を与える。

まず、爆破で被害を受ける部屋はその部屋だけではなかろう。消火活動で水浸しになった部屋に今まで勉強してきたことをまとめたデータが入ったパソコンがあったかもしれない。

寮はしばらく閉鎖され[日常]がなくなるだろう。

仮に復旧しても、自殺した人間の隣の部屋に住む人間は、今まで通りの心持ちで生活などできない。

私は大学時代、先輩が首吊り自殺した。

先輩が住んでいたアパートは、確か一時閉鎖になっていた記憶がある。住んでいた人間のその間の生活保証などない。大学生がみんな、親からきちんと資金援助を受けている学生ばかりじゃない。突然部屋を奪われた人は一体どう過ごしたのだろう。

先輩が首吊り自殺したあと、同じ学年の仲間だった先輩たちは[自分たちが彼に出来たことはなかったのか]と自分を責めて落ち込んだ。

ほぼ関わりがなかった後輩の我々でさえ[先輩飲み会のとき笑っていたのに、実は辛かったんだね、私あのとき余計なこと言った気がする]とか悶々とした。同学年ならそういった自責の念はもっとあったかもしれない。

息子が爆死した親にはこの先の人生で常にその事実が付いて回る。

親が面会した直後の自殺だ「何か親が厳しいことを言ったから決行したんだろう」と大抵の人なら思う。そしてその心無い言葉を[生きている、本人に]投げつける人もきっといる。

マスコミが根掘り葉掘りほじくりかえし、ネットは有りもしない情報までばらまくことだろう。

こんなに[迷惑]かけて、周りに迷惑かけるなよ…、って、そんなに思ってはいけないことなのかね。

死人に口なしと言うが、死んでしまった人間はもう、人生を終えているんだ。でもその周りの人間の人生はこれからも回るんだ。

死んだ人に迷惑って言うのが非人道的と言うなら、今まさに生きている人に[迷惑]って言うことの方がもっと余程非人道的じゃないのかね。

今の時代、自分に関わらない立場の人間が思い通りの行動しないことに「迷惑だー迷惑だー」ってわめく人ばかりじゃないか。

それは、隣で爆死するより全然たいしたことないレベルの「迷惑」なのにさ。

自殺したときだけ「迷惑って言う方が悪」みたいに言ったら[死んだ場合、周りに迷惑かけても自身は尊重される]って言ってるようなもん。

でも違いますよ、自殺は尊重されるべき行為なんかじゃない。

私もすっごい追い詰められて、自殺を考えた時期がある。

けど、遺される人のことを思ったら行動には移せなかった。当時は巨大な地震がきて、周りもろとも滅びる事を願うぐらいしかできなかった(そんな考えも相当酷いもんだが)

今となっては、あのとき死ななくて良かったと心底思う。

死にたい気持ちになったときに周りの優しい声は届かないことも知っている。

唯一死ぬ前の人間に届くのは[追い詰める声]。

結局、自ら死ぬ行為というのはどういう形であれ[迷惑]なのだ。

遺された人間は[悲しい気持ち]にしかならないのだ。

…だから[するべきではない]のだ。

■男子学生、爆発で自殺図る? 名古屋大学生寮の火災

(朝日新聞デジタル - 05月04日 15:08)