読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お客さんは体格のよいおじさんから、細いけど硬い筋肉のおじさままで、おじさまばかりが来る銭湯だった。何故かものすごい力で押してほしい、そんなお客さんが多かった。肘の使い方、力の乗せ方などをスタッフに教えてもらいながら、なんとかクレームが来ないように仕事をこなしていた。ここに来るスタッフは皆強もみ対応スタッフに変身していくらしい。そしてお客さんのいない空いてる時間はスタッフと話をした。夜の当番は怖いおばちゃまは帰るのでやりたい放題でした。裏でお菓子をいただいたり、笑い話に華を咲かせていた。あの頃はまだ今よりも景気がましだったから、お客さんも結構来てくてた。そして、この頃は一番強迫症状がなかった。仕事が楽しい、彼と一緒に過ごせる、少しだけ安心していたのか、加害妄想なんて一切なく暮らせた。あったのは火元の確認とドアの確認だった。二回は玄関扉、火元を閉めたかどうか戻った確認しに戻ったけど、本当にましだった。加害や、視線恐怖みたいなのがない。マッサージ初めてから少なくなっていったけど一番ましだった。ユル〜イこの場所が私を癒していたのでした。最低賃金でも、週2日休みがあるかわからないよ\xA4

Δ淵轡侫箸波ⅶ驒屬脇類襪兄超搬紊塙腓錣擦瞳觜讐圓欧泙靴拭◀海海料ⓔ鬚砲賄喘罎波瓦韻燭蠅靴燭韻氷膩廚覇麈唎唎蕕い呂Ďは辰砲覆蠅泙靴拭↗罐襦船ざ昰屬❶⊋欄髖イ④如△気蕕縫罐襦船づ垢涼甘歆嫻ぜ圓❹茲唫▲ぅ垢鰓絜辰討唎譴燭蝓∪は辰鮠討い討唎譴泙靴拭↗泪奪機璽犬笋辰討訖佑辰董△④弔な鈇發い襪韻鼻⇒イ靴な鈇ⓑ燭い任后\xA3