読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

abemaマギカ(2017/4/17)

劇場版まどマギが、噂の動画サイト「abemaTV」で配信?されるらしい

ということで視聴。 

ニコ生と違って、視聴者数増によるはじかれがないから、快適にみられるな。 

画質もすさまじい。 

 

 

その劇場版の内容は…。 

ほむループの最初のほうの話かと思ったら、五人+お菓子の魔女が一

緒に戦っていたり、敵が「ナイトメア」という謎の存在だったり、

なぜかしゃべらないインキュベーター…と違和感を覚え始める。 

が、それは劇中のほむらも同様なのだった。 

その違和感の拡大につれてだんだん雰囲気が不気味になって行くのが

まどマギ感だね。 

 

ウロブチ氏の趣味全開銃撃戦を経て、この世界の真実を知るのだった。 

どこか推理アニメみたいな謎解きアプローチだな。 

インキュベーターの冷酷な実験により、ソウルジェムの濁りきったほむらは

魔女化し、その結界内に現実逃避的箱庭を作っていたというのがこの世界の

真実だった。 

同じく魔女化したさやかの、世界の真実に対する意見もまあもっとも

かもしれないな。 

カラッとした雰囲気で退廃的な意見を述べるね。 

未来なんて、あるわけない。 

 

世界そのものが魔女結界なせいもあって、半分近くはイヌカレー成分が画面を

占めるな。 

 

劇場版でもやはり憎たらしいインキュベーターを、みんなで打破してさあ

まどほむハッピーエンドと思いきや、まさかの大どんでん返し。 

アルティメットまどかの、円環の理の力を奪い、悪魔ほむほむに堕ちる。 

これは、ほむらも無数の時間遡行により因果律エナジーがたまっていた

ということか。 

アルティメットまどかと同様に世界を作り替え、まさに最初の世界を反転

させて、世界を塗りつぶすような感じかな。 

でもアルティメットまどかもまた存在するようだな。 

だいぶ難解だが、完結編が待たれる内容だな。 

しかし、何となく「クレイジーサイコレズな内容」というのは噂に聞いて

いたが、まさかの大どんでん返しな展開で、まさに劇場版のストーリー

クオリティだな。 

異常な駆け足感もないし、映画として素晴らしい出来だったと思う。 

TV版を見た直後に見たい内容だね。