読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春の息吹

菅谷 順啓 作 242×272 mm

 色紙の中心に描かれた黄色いマンサクの花。菅谷さんはこの作品と共に白地に描いたマンサクの花も出展して下さった。比べてみると、バックグラウンドによってずいぶん作品の雰囲気が変わるのがわかる。

 背景の和紙は絞り染めのような柄。布のように絞ったのかな…と思ったのだけれど、拡大してみると糸を通した小さな穴はない。白い部分は落水で穴をあけているようだ。和紙全体に広がる黄色には濃淡が付いていて、その中に広がる円形の模様は、日射しがきらめいているようにも見える。

 花の美しさと共に春の暖かい日射しを表現した、素敵な作品だ。

(「きいろ」出展作品 2017.3.22〜4.8 於:剪画アート&スペース http://bit.ly/hc8WTq