読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

σ(^_^;)[四元数の月]

σ(^_^;)CroixProject [四元数の月-或る少女の死から-]を千歳船橋はAPOCシアターにて。二之宮亜弥さん御出演。たぶん知らないチーム、お初の箱。開場前から路上にて、不思議な雰囲気の白衣のドクターと黒衣の看護師がご案内。〇〇病院へようこそ、お薬はちゃんと呑みましたか?と声を掛けられる。取り敢えずココは病院の設定らしい。中へ入ると空間の壁全面に建築現場で見る鉄の足場。

( )五角形の鉄骨に囲まれた30程の客席。どっちが前だ?座席は一応奥を向いているがグルリと横にも後ろにも、二段三段に空間が作ってある。妙な雰囲気の人達が口々に独り言やお喋りをしている。訳が解らぬ。予備知識なしで[銀河鉄道の夜]を観た時のような心持ちだ。客席と同じ目線のフリーライターがこの不思議な病院を取材する形で徐々には見えて来ますが。

σ(^_^;)どうやら楽しい話ではない。可哀想で惨たらしい過去が掘り起こされる。そして更に事態は進み破滅的結末の様に見える。ちょっと脳を動かしてクリアに事態を把握する気力が起こらない。闇の中スモークを炊き、ライターの砥石で火花を散らし、蝋燭の火を灯す等。雰囲気を食すタイプと見る。ただ鉄骨なので役者の移動にミシミシと軋み、狭い空間である為ちょいちょい頭をぶつけてる方も。

(*゜▽゜)ノニノさんは看護師、婦長的な立場だろうか。優しくも毅然とした物言い。以前も[QOL]で見た事あるな、看護師のニノさん。似合ってます。調べてみると昔からある戯曲の様ですが、チョイとテツロウには拾いにくい舞台でした。二之宮亜弥さんのまたの御活躍を期待しております。